小学生から英語を習えばペラペラ喋られるようになる

心の成長をサポート

女の子

吉祥寺には幼児教室が多くありますが、人気の幼児教室の特徴を知ると良さそうです。吉祥寺で人気の幼児教室の特徴としては、知能を高めることや心や個性を育てることを大切にしています。体験教室などに参加してお子さまに合う所を見つけて下さい。

学校教育の前倒しではない

キッズ

幼児教室は学習中心、運動系、音楽系、芸術系があります。総合的に教育しているところもあります。まずは幼児教室に通う目的を明確にし、目的に合った教室を選びます。体験教室や見学をして教室、インストラクターと相性の良い所を選びます。

フランチャイズと教育方針

男の子

保育園での英語教育はフランチャイズの活用による保育園の開業が増えたことによって広まってきているのが特徴です。国際社会に適応できるように育って欲しいという親の願いから入園させる努力をすることが増えています。

学習方法が変化しています

男女

重要性が増しています

世界には非常にたくさんの言語があるなかで、英語は共通言語として認識されているために、母国語にしない国でも通じることが多い特徴を持っています。そうした点で日本においても、戦後になってから英語教育が本格的に行われるようになりましたが、その多くは中学校からでした。ところがそれだけで会話できる人の数が少ないために、最近では小学生のうちから英語教育を行うことが人気を獲得し始めています。また日本においては、英語を重視した入試制度が一般的な大学が、全入の時代を迎えていますので、その教育の重要性はより認識されています。そこで人気になっているのが、小学生から英語教室に通うことで、最近では小学生が英語を学習することが珍しくない状況です。

効率的な学習方法です

このように小学生から英語教育を受けることは、単に時期を早めて学習時間を長くすることだけが目的ではありません。人間の言語を習得する能力は、年齢が若いうちほど旺盛であることが、最近では科学的にも証明されるようになっています。そのため小学生くらいの年齢であれば、他国語を使用する環境で生活しているだけで、自然に会話能力を獲得するケースが多いのです。これに対して大人の場合には、他国語を使用する海外で長く生活していても、会話能力を獲得できないケースが多くなります。結果として家族で一緒に他国語を使用する海外で生活していても、子供だけが会話できるようになることも珍しくありません。このようなことから大学入試を前提に英語教育を行う際に、小学生から英語教室に通うことは、とても効率的な学習方法なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加