小学生から英語を習えばペラペラ喋られるようになる

学校教育の前倒しではない

キッズ

目的を明確にします

幼児教室はいろいろな種類があります。学習中心、運動系、音楽系、芸術系などです。学習中心は文字や数の勉強や英語教室、運動系はサッカーやプールなどです。音楽系はピアノなどの楽器を習う教室、芸術系は絵画や書道などです。幼稚園のように総合的にいろいろなことを教える教室もあります。親子の分離を目指しているところ、親子で楽しむところ、専門的に教えるところなど、幼児教室も様々です。まずは何のために幼児教室に通うのか、目的を明確にします。目的に合った教室を選んだら、体験教室や見学してみて、幼児教室の雰囲気やインストラクターとの相性の良い所を選びます。小学校でやる教育の前倒しではなく、子供の好奇心を引き出せるところ、子供の得意を伸ばせるところが良いでしょう。

小学校への入学を楽に

親子で楽しめることを目的とするなら、児童館や地域のクラブを利用するのも良いでしょう。幼児教室が子供に負担とならないように注意すること、小学校への入学までに出来るようになっておきたいことがおろそかにならないように注意します。小学校入学までには、あいさつ、着替え、荷物の片づけ、数の理解、ひらがなの読み、えんぴつを使い慣れておく、トイレの自立が必要です。幼児教室に通ってもすぐにやめてしまっては効果がありません。長続きする教室を選びます。子供だけで通う場合には行き帰りの道が安全であるかどうかの確認も重要です。始めからプロを目指すようなことを言うと子供は負担に感じてしまいますので、親は過度に期待をしないようにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加